top of page
東京理科大学野田キャンパス
運河に架かる橋

近藤研究室では、「新規機能性ダイヤモンド材料の創製と応用」に関する研究に取り組んでいます。ダイヤモンドは物理的・化学的に極めて安定で生体親和性にも優れた物質です。電気化学、材料化学などを専門分野として、ダイヤモンドの優れた特性を生かした新規機能性材料を開発し、社会的な課題の解決に向けた応用を目指しています。

見出し h5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   2024.5.17

 群馬大・白石壮志先生らとの共著によるReview ” Extraordinary Capacitance and Stability of Carbon Electrode for Electrochemical Capacitors”がElectrochemistry誌に掲載されました。

 ★Electrochemistry該当ページ(Open Access)

   2024.5.8.

 2024年9月開催予定の国際会議Advances in Corrosion Protection by Organic Coatings(ACPOC) 2024の開催に対して、スガウェザリング技術振興財団より助成を授与されました。近藤教授が4月25日に開催された贈呈式に出席しました。

 ★スガウェザリング技術振興財団該当ページ

 ☆ACPOC 2024 Webサイト

LATEST NEWS

202406.gif

   2024.6.7

 2024年9月開催予定の国際会議Advances in Corrosion Protection by Organic Coatings (ACCPOC) 2024の開催に対して、東京応化科学技術振興財団より国際交流助成を授与されました。近藤教授が5月27日に開催された贈呈式に出席しました。

 

 東京応化科学技術振興財団該当ページ

 ACPOC 2024 Webサイト

bottom of page